フラット35諸費用比較ランキング

フラット35、諸費用というものがかかります。諸費用ってひとくくりにしますけど、機関や契約の違いで必要だったり必要じゃなかったりする場合があって、まとめにくいんですね...。ここではその諸費用についてどのような取り扱いになっているか、必ず必要になってくる費用について比較してみたいと思います。とにかく絶対必要なのが、印紙代と抵当権設定のための司法書士報酬、火災保険料・地震保険料です。印紙代は借入金額によって変わってきますが、契約書一枚につき2000円~60000円の間になります。司法書士報酬は依頼する人によって異なるようです。フラット35比較ランキングを参考にして融資事務手数料は多くの場合設定されていると思いますが、定額なら3~5万円ほどでしょうか。定率になると、借入金額×2%くらいで、結構な金額になります。やはり住宅ローンを選ぶならフラット35がおすすめなようです。

フラット35比較ランキング!金利安いおすすめ銀行は?【借り換え】!】
記事作成の参考にさせていただきました。フラット35を選ぶ際には金利比較だけではなく諸費用もしっかりと比較しなければ損をしてしまうこともあります。住宅ローン選びは金利比較だけではだめなのです。フラット35について勉強になるのでぜひ参考にしてください。