社会保険労務士とはどういう資格?

社会保険労務士とは企業の労務管理に関する業務内容を扱う資格です。
資格を取得する場合には学歴、実務経験、国家資格有資格者のいづれか一つに該当し、かつその証明書を提出できる場合に受験資格があります。
試験科目は労働法、社会保障法、その他の関連法となっていて、マークシート方式で行われます。
合格すると2年以上の実務経験を経て連合会の備える社会保険労務士名簿に登録しなければ業務を開始できません。
業務内容はまず健康保険や雇用保険、労災保険などへの加入や脱退、給付の手続き、助成金などの労働社会保険法に基づく書類作成や提出の代行業務があります。
次に労働者名簿や賃金台帳の作成、就業規則、各種労使協会の作成など同法令に基づく帳簿書類の作成業務があります。
そして人事配置や資金の調達、企業内部での相談業務等人事・労務のコンサルタント業務の3つの主だった業務内容になっています。
その他に雇用契約書の作成や懲戒、解雇問題など社内問題の解決などが業務内容になっています。