wimaxの申し込みはクーリングオフの対象に入っていません

wimaxの申し込みは、クーリングオフの対象ではないのです。
なので、よく検討した上で申し込みをしてください。
申し込んだ途端、すぐに解約をすると、解除料や違約金などの金額が請求されます。
分かりやすく言えば、携帯電話と同じようなシステムと思っていいのです。
wimaxプランのパスポート1年というサービスは利用登録料が税別三千円で利用可能です。
利用を開始した月、または契約更新の月から起算して、十二ヶ月が契約の期間となります。
更新月が来ても解約しない場合は、自動的に契約期間が更新されます。
もし契約更新月に解約の手続きをした場合は、違約金は発生しませんから、更新月を把握しておきましょう。
フレッツ契約をクーリングオフしたいと思ったときには、契約書類を受領した日から9日目になる前までは書面で申込みの撤回が無条件でおこなえます。
フレッツは強引な契約勧誘が問題になっており、クーリングオフをしたいと考えている人も少数ではありません。
クーリングオフをしたくでもできない場合は、解約金の支払いをしてでも解約したいと考える方もいます。
普段から光回線を活用しているのならIP電話を活用してみるとリーズナブルで便利です。
光回線を使用するので、一般の電話回線がするように音声データを何度も交換機から中継するのは不要です。
そういった理由から電話料金がかなり安価になり、プロバイダ次第で変わりますが、月額の基本料金が普通よりも安価になる場合が多くあります。